<< Dec 2017 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

二人きりの撮影なので

二人きりの撮影なので、両手どころか両足も駆使します。
撮影時。

という事で更新のご案内です。

--------------------------------------------------

『尻穴に蹴り込む-拡張儀式・2-』

今や雄の拳を受け入れられるまでになった
Audreyの膣と肛門。

無数の刺青やピアスとのあいまって、
本当に完成度の高い改造性器と化しています。
飼い主であるZoikhemの自慢、いや誇りです。

しかし、其処に至るまでは相応の過程がありました。
此れは、其の初期の修行風景です。
失敗の記録ですね(汗)。

前が裂けたのだから、後ろも推して知るべし、ですね(汗)。
まだ、裂けてはいませんが今見ると無茶してます。
膣であっても、まだ大き目の張り型を、
足を使って捻り蹴り込むとは…
真似しては、駄目、絶対です。

--------------------------------------------------

という事で足で淫具を蹴り込みました。
まだ拡張作業中のAudreyの尻穴に。
まだ刺青も無いころですね。

繰り返しになりますが、駄目絶対、です。
お陰で少しの遠回りになりました(汗)。

血生臭い更新ですが、楽しめる方は、どうぞ。
会員棟のご案内


今日の画像は更新から選外を。
SMカテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

蝋涙・封印⇔解除

会員棟にBastetのシリーズを掲載しました。
今では、結構派手になっているBastetの性器。

もちろんピアスで。

こうしてネイキッドの状態を見ると、何だか懐かしいような不自然なような(笑)。

----------------------------------------------------------

『熱蝋封印-傷物豚雌・9-』

地方ペットと自称する傷物雌のシリーズです。

押し掛け被虐雌で自称であっても、
其れでもペットを名乗るならば名前は必要ですね。
そうですね「Bastet」とでも。
恐れ多いですが。

特殊な性癖の赴くままに身を傷つけ、
心を汚してきた、まさに彷徨える雌豚でした彼女は。
…豚なのに猫の名前ですね、良く考えたら(汗)。

露出エロスを楽しみ火照った体を、更に加熱してやる事にしました。
鞭のあとは蝋涙で。

まだ雌粘膜にピアスの無いBastet(当時)。
代わりといっては何ですが、しっかりと蝋で飾り付けてやりました。

----------------------------------------------------------

現状の改造性器も、なるべく早い時期に公開したいと思います。
単発では時々アソコやアソコに貼っているんですけどね。
やはり、流れで全容を観て頂きたいのが正直なところです。

まずは無加工の性器を。
と言うのも、次回で既に違うからです(笑)。
会員棟のご案内


今日の画像は更新から別編集を。
SMカテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

師走最初の更新

いよいよ師走ですねぇ。
毎度言っている気がしますが、カレンダーが最後のページになるだけで一気に背中を押される気がします。

そんな年の瀬にお送りする、今月最初の更新です。

-----------------------------------------------

『クノイチ忍法帖-2-』

夜の闇に生きる者、忍び。
そして夜の閨にこそ活きる者、くのいち。

Choyeノリノリのコス遊びです。
屋内から屋外に展開いたします。

Choyeの得意とする閨房術の講義が終わり。
逆に不得意とする体術の訓練へと。

実はChoyeは無類の運動音痴でして。
代名詞になった蹴りポーズなどが決まっているので、
一部の方からは逆の印象を持たれているのですが、
実際は酷いものです。
…モダンバレエをやってたはずなんですけどね(笑)?

つたなく躍動する改造身体の瞬間エロス。

-----------------------------------------------

屋内エロスであったシリーズ前回から一気にお外へと。
主従ともに大好きな蹴り技を、幾つかのパターンで練習です。
当たり前ですが、掲載されているのはごく一部。
無数の試行の果ての成功蹴りです(汗)。

という事で、Choyeの頑張りをお楽しみください。
蹴りは痛いらしいのですよね、ピアスが(笑)。
会員棟のご案内


今日の画像は更新から。
露出カテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

二つの尻に公平に

会員棟を更新しております。
HecateとAudreyの競演シリーズです。

--------------------------------------------

『相剋の鞭-大穴小穴・2-』

HecateとAudreyが初めて睦みあったシリーズです。

実は、このセッションには大きな目的がありました。
Hecateには当日まで隠していた目的です。

実はHecateの膣穴は体格を検討材料に入れたとしても其れでも小さく狭く、
Zoikhemの得物を満足に受け入れられなかったのです。
…尻穴では迎え入れてくれるんですけどね(笑)。

対してAudreyですが。
こちらはZoikhemに飼われ出して以降、
前後の穴ともに拳を楽々に飲み込むまでになりました。
あ、其方のシリーズも早めに公開いたしますね。

そして、Audreyは主にセルフで広げていった実績があるのです。
という事で、Audreyを講師に招いての
「拡張教室」
を開催しました。

Hecateに若干の硬さが見られたので、
穴の前に心を解してやる事にしました。
ペット二匹への同時鞭で。

逃げるな、騒ぐな、数えろ!
意に反して身をよじってしまうHecateの為に二匹の足を繋ぎ…
徐々に色を変じていく二つの尻。

声は我慢できても、粘膜が潤むことまでは我慢できないようですね(笑)。

--------------------------------------------

動画も追って公開します。
結局、それなりに声で啼いておりますしね(笑)。

Zoikhemなりに公平にバランス良く
打って
あげました(笑)。

お楽しみ頂ければ幸いです。
会員棟のご案内


今日の画像は更新から。
SMカテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

出血

会員棟にAudreyの拡張過程初期を掲載しました。

--------------------------------------------

『裂ける穴-拡張儀式・1-』

今や雄の拳を受け入れられるまでになった
Audreyの膣と肛門。

無数の刺青やピアスとのあいまって、
本当に完成度の高い改造性器と化しています。
飼い主であるZoikhemの自慢、いや誇りです。

しかし、其処に至るまでは相応の過程がありました。
此れは、其の初期の修行風景です。
失敗の記録ですね(汗)。

ちょっと裂いちゃいました(笑)。
この後の展開も、少し血生臭いです。

--------------------------------------------

という事で、とても褒められたものでは無い展開です。
避けたいところです、無駄な出血は。
裂けるを避ける、基本です(汗)。

急いては事を仕損じるのが、身体改造のエロスの大基本です。
そしてナマモノを扱う以上、いつも同じ状態ではありません。
3歩進んで2歩下がるどころか、1歩進んで5歩下がることも珍しくはありません。

そんなナマモノの扱いへの過信があると、今回の更新のような事故を引き起こしてしまうわけです。
たまたまAudreyが尋常の雌ではなかったから、大きな怪我には繋がりませんでしたが…
という事で自戒を兼ねての更新です。
会員棟のご案内

実践者の皆様に置かれましては、ゆめゆめ
「慣れ」
に負けぬよう、Zoikhemを反面教師に鷹揚に事を進めてくださいませ。


今日の画像は更新の別編集から。
SMカテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem


permalink | - | - | posted by Zoikhem
| top |