<< Feb 2018 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

褒美の肉

会員棟にAudreyの刺青施術シリーズを掲載しました。
施術は既に終わり、ご褒美ターンとなっておりますが。

-------------------------------------------------

『褒美の肉-公開刺青施術・10-』

Audreyにとっての初刺青。
長時間にわたる施術も終わり、
明けて朝、Zoikhemが襲われました(笑)。

まぁ、褒美と言うことで許してやりましょう。
普段から甘やかしすぎている飼い主ではあるんですけれどもね(汗)。

珍しい交情場面集です。
必然的にZoikhemも少しだけ登場。

施術直後の刺青が朝日に鮮やかです。

-------------------------------------------------

頑張った夕べ。祝いの夜。
そして朝になってみれば飼い主が襲われる、と言う(笑)。
刺青も施術直後は傷なわけで、痛くないんでしょうかねぇ?

という事で主従の肌色多目更新です。
お楽しみ頂ければ幸いです。
会員棟のご案内


今日の画像は更新内容から没選を。
SMカテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

Flawless White

インフルエンザA型に愛されてしまい、39度越えの熱で魘されておりました。
更新間隔が間延びしたことをお詫びいたしますm(__)m

まだまだ本調子からは遠いですが、病の影を振り切るべく前のめりに更新です。

----------------------------------------------------

『Flawless White-1-』

Choyeと言えば個人的にはイメージカラーは白です。
白だからこそ色で染めたくなり、
白だからこそ与えられた汚辱の中からも、なお白く立ち上がります。

念願だった或る部屋。
窓の外には見知った景色。そして室内は真っ白です。
Choyeの「白性」を記録するにはうってつけの空間でした。

白の調度の中に入ると、Choyeと言えど色を纏います。
それでも、やはり属性としては白なのですよね。
不思議なものです(飼い主の欲目かも知れませんが)。

表情の変遷から粘膜の色づき、そしてオシリズムへ。
シリーズ冒頭から、Choyeのフルセットです。

----------------------------------------------------

と言うわけでChoyeの新シリーズです。
主従共に念願だった宿、部屋を舞台に、
「白いからこそ際立つ辺境のエロス」
を展開して行きます。

個人的には大好きなシリーズです。
お楽しみ頂ければ幸いです。
会員棟のご案内


今日の画像は更新内容から没選を。
着衣エロに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

合法的傷物女児

会員棟にBastetのシリーズを掲載しました。
屋外に出ての露出エロスです。
でも、ちょっと特殊です(笑)。

----------------------------------------------

『合法的女児-傷物豚雌・11-』

地方ペットと自称する傷物雌のシリーズです。

押し掛け被虐雌で自称であっても
其れでもペットを名乗るならば名前は必要ですね。
そうですね「Bastet」とでも。
恐れ多いですが。

特殊な性癖の赴くままに身を傷つけ、
心を汚してきた、まさに彷徨える雌豚でした彼女は。
…豚なのに猫の名前ですね、良く考えたら(汗)。

所有印を刻んだ後、屋外に連れ出してやりました。
Bastet持参の女児服や、露出なワンピを持たせて。
私物ってあたりが、この雌の面白さですね。

合法的な女児服を着込み、
色々な意味で危険な色香を振りまくBastet。

足の痣が一番危ういですね。
改造性器や焼印を押された乳房以上に。
此れはZoikhemの仕業ではないわけですが(汗)。

----------------------------------------------

女児服のエロス。
Zoikhemはほぼ門外漢だったのですが、此れは此れで面白いですね。
別種の辺境のエロスと申しましょうか?
まぁ、鞭痕や其の他の痣、そしてピアスが入ればZoikhemの世界になってきてしまうんですけどね(笑)。

お楽しみ頂ければ幸いです。
会員棟のご案内


今日の画像は更新内容から没選を。
露出カテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

人体であったもの

会員棟に特殊なエロスを掲載いたしました。
この場所に特殊でないエロスがあるのか?と言う疑問はさて置き。

------------------------------------------

『人体であったもの-拡張儀式・4-』

血を見る事態となった肛門拡張から明けて朝。
肛門周辺に拭き残った赤も鮮やかなままに、
次なる行程へと。

Audreyには以前フォルシェピアスがありました。
会陰部に設置するピアスです。
これが、排出される過程は既に公開済みです。
挿入時にトドメを刺してしまいました。

ただ「痕跡」は残っていたのですね、美しくない容貌で。
という事で余計な部品の切除を志した朝の施術です。

切り取られた
「先ほどまで人体だったモノ」
を明確に記録いたしました。

足の裏の皮みたいですね(汗)。

------------------------------------------

実は更新は一昨日の深夜で、御案内が遅れてしまいました。
と言うか、すっかりと既にした気になっていたのですね(汗)。


切り取られた人体と言うか性器の一部。
公開を悩みましたが、写真自体は全くエロスではないのですね。
一見。

という事で、これも当Labらしい更新となりました。
一部の方々に届けば幸いです。
会員棟のご案内


今日の画像はAudreyの昨年のベストショットの一枚を。
先行です。
SMカテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem

性器に錘を

会員棟にChoyeの性器責めシリーズを掲載しました。
辺境のエロスなれど当Lab的には基本講座ですね(笑)。

-----------------------------------------------

『粘膜開放&首台拘束-2-』

特殊な大型筐体に拘束される身体改造雌。
辺境のエロスとしては或る種の完成かも知れません。

刺青粘膜を開かされ、
大きな尻をこれでもか!と強調され、
そして前面に設置された鏡で自分の嬌態を確認させられる。

振り乱された髪が官能の深さを語っているようです。


ただひたすらに
「錘で無惨に引き伸ばされた改造雌性器」
が続く更新です。
我ながら、ここまでやるか、と。

錘を代えるごとに伸び方も変化するのが、
当たり前なれど麗しいです。

-----------------------------------------------

無惨に変形したChoyeの性器。
されど、Zoikhemにとっては世界で一番美しい花であります。
元の形が如何だったか、今となっては思い出せないほどに
「手を掛けて」
育ててきましたからねぇ。

お楽しみ頂ければ幸いです。
会員棟のご案内


今日の画像は更新からの別編集です。
SMカテに設置させて頂きます。


仕舞
Zoikhem

permalink | - | - | posted by Zoikhem
| top |