<< Jul 2015 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

姫袖が汚れていく

会員棟の動画を更新しました。

肛門、いや刺青肛門を用いた自慰、と書けば実に凡庸。
いや、実際に内容其れ自体は凡庸なのですが、其処は演者が普通ではありません。

Choyeの没頭が絵に説得力を与えてくれた、そう感じています。

----------------------------------

ど派手な肛門遊戯です。

白い姫袖ブラウスを淫汁で汚しながら
白世界を淫ら色に染め上げて行きます。

刺激に慣れた刺青肛門は、徐々に太い淫具へと…
複数本の同時挿入で歪む刺青粘膜は見ものです。

----------------------------------

この動画シリーズもそうですが、静止画と合わせてお楽しみ頂ければ幸いです。
会員棟のご案内


今夜の画像はTARANTULAさんとのコラボエロスです。
ハンズフリースプレッダーという、この一見して小さいアナルパールのようなアイテム。
芯には金属線が入っていて、自由に角度で固定が可能です。

はい、このように。
ハンズフリースプレッダー

中を広げて見るだけではなく、快感自体もかなりのモノのようです。
このペット、Ozですが、はよがり狂っていました(笑)。

仕舞
Zoikhem

permalink | comments (0) | - | posted by Zoikhem

蝋涙で改造性器を封印

会員棟の特殊画廊を更新致しました。
Hecateのシリーズの続きとなります。

-----------------------------------

少し血生臭いエロスとなります。
あわせて動画も公開いたしますのでご期待下さい。

針山となり、鞭痕で埋め尽くされたHecateの尻。
ほんの一瞬の弛緩に続いては、今度は燭台として頑張って貰いました。

二本の蝋燭。
一本は膣に挿入し、もう一本はZoikhemが気侭に垂らします。
気侭にとは言え目的は決まっていて。
ピアス性器ごと蝋涙で埋め尽くして、
『画像処理の必要ない』
性器に仕立て上げようという魂胆です。

えぇ、たまには楽をしたいもので(笑)。

果たしてZoikhemの魂胆は巧く達成されましたでしょうか?

-----------------------------------

説明文の通り、矢張り少し血生臭いシリーズとなります。
って「お前のエロスは、何時もそうだろ?」って声が聞こえてきそうですが(汗)。

でも、「判りやすい仕立」で、でも「血生臭い」と言うのが一番痛みとしては説得力があるように思えるのです。
良くも悪くも想像が容易ですので。

と、いう事で、斯様な辺境のエロスが御好きな皆様にだけ、強く届けば良いかな、と。
会員棟のご案内

されど、写真の説得力には自信がありますので、判り易さは入門篇でもあるのかもしれません(笑)。


今日の画像は更新からアウトテイクです。
設置場所はSMカテゴリー。
宜しければ合わせてお楽しみくださいませ。


仕舞
Zoikhem

permalink | comments (0) | - | posted by Zoikhem

夏露出

先日の屋外は雪原でしたが、一気に季節が進みまして盛夏の露出エロスです。

暑い時期の方が『肌面積』が減ってマンチラリズムになるという、何と言うか捻くれもののZoikhemであります(汗)。


---------------------------------------

季節に即した夏露出です。
ただ、夏、だからといって全裸などではありません。
あくまでも『人前に出られる装いの限界』を追求しております。

…Choyeならば出られるのです(笑)。

酷暑の一日。
屋外展示の施設で花を愛でました。
一輪、添えて。

工作した結果、はみ出るようになってしまったショートパンツと、
購入した段階で諸々とはみ出すシャツワンピを着せての夏散歩。
何回かに渡って続きます。

ちなみに。序盤のM字でChoyeの視線が泳いでいるのは、
其処に男性が立って見ていたからです(笑)。

---------------------------------------

なるべくならば、季節感を取り入れていきたいZoikhemなのですが、更新となるとどうしても最終的にはズレが極大化してしまいます(汗)。
されど、今回の更新はジャスト、なはず。
お楽しみ頂ければ幸いです。
会員棟のご案内


今夜の画像はエピキュリアンさんとのコラボシリーズです。
堅牢なつくりの犬手袋。
何よりも先ず、心を締上げるのですよ、斯様なアイテムは。

手を戒め、舌も封じられ

マスクもお気に入りです。

仕舞
Zoikhem

permalink | comments (0) | - | posted by Zoikhem

重さの、そして二人の限界-椅子オシリズム

会員棟を更新致しました。

当Labの二大必修講座である
オシリズム

性器改造
を併せ持つ、つまりは当然に必修なエロスです。

------------------------------------------

オシリズム!そして改造雌粘膜!
このシリーズのテーマは明瞭です。
縄が参戦したり、オモリで引き伸ばされたりしますが、
其の内実は徹底した粘膜&オシリズムです。

というわけでシリーズ最終回。

自由を奪われ、雌粘膜を割り広げられて、
様々な感情の入り混じった吐息と、粘液を漏らすChoye。

其の姿をZoikhemは、とても綺麗だと思いました。

なので。
小陰唇へ錘を吊るしてみることにしました。
Zoikhemの中では、理論的に繋がっているのです、申し訳無い。

少しずつ重い錘へと。
従って、薄く延ばされる小陰唇。
向かい側の灯りさえ透けるほどに薄く、悲しく。

其の姿をZoikhemは、とてもとても美しいと思いました。

もう少し、あと少し、遠くまで行ってみような、Choye。

------------------------------------------

シンメトリックなお尻と性器の美しさ。
本当は漏れる苦悶の吐息とともにお送りしたいのですが、其処は皆様の脳内で御補完下さいませ。

Zoikhemのエロスのど真ん中。
どうか皆様にもお楽しみ頂ければ嬉しいなぁ、と。
会員棟のご案内


今日の画像は今夜の更新からアウトテイクです。
うん、矢張りChoyeの尻は天下の傑物です。

設置場所はSMカテゴリー。

仕舞
Zoikhem

permalink | comments (0) | - | posted by Zoikhem

奉仕の心に形を与える

会員棟の特殊画廊を更新致しました。

Ozのシリーズです。
Zoikhemに尽くしてくれるペットたちの中では、最も若い部類に入る雌です。
あ、勿論、問題の無い年齢で、ですよ(汗)?

今回は身体改造の追加の前段階として、奉仕の心に作法という形を与えてあげました。
此れも、一種の調教、かもですね。

----------------------------------

特殊な官能への優れた感性を先天的に具備するこのペット。
Zoikhemの要求を嬉がれる、という意味では非常に楽しみな逸材です。

ただ、如何せんまだ幼い。
自分主導で飼い主を喜ばせるには、引き出しも足りません。

という事で今回は本格的に責める前に、まずは奉仕の作法を教育。
幾ら才能豊かでも、経験無しには限界がありますからね。

ただ、其処は流石はOzです。
嬉々として汚れた足指をしゃぶり、
あまつさえマッサージを行いながらも官能を育ててゆきます。
トロリ、では済まない粘膜の潤い…


この日のセッションのメインは
半田ごてを用いた新たな身体改造です。
さて彼女にとっては、奉仕と責め苦、いずれがご褒美なのでしょうかw?

----------------------------------


若いが故に、スポンジのように様々な要素を吸収していくOz。
果たして、どんな花が咲くのか。
Zoikhemだけでなく、皆様にも目撃者になって頂きたいところですね。
会員棟のご案内


今日の画像は今夜の更新から別編集です。

設置場所はSMカテゴリーです。

仕舞
Zoikhem

permalink | comments (0) | - | posted by Zoikhem

雪中行軍-暑中お見舞いとしての雪-

季節ハズレの極みともいえる露出エロスを会員棟に掲載致しました。

開き直って
『暑中見舞い』
という事でお送りいたします。

…あと、残暑見舞い名義も出来るな、っと(笑)。

----------------------------------

正月より開始した季節の露出エロスです。
そして梅雨寒を踏み越えて、続きます(汗)。

一晩越して、寒く硬く引き締まった雪原。
雪に溶ける白い衣装と雪に抵抗する縄下着で、
ヤケクソ気味に立ち向かうChoyeです。

一度雪面に転がったあとなので、
縄の結び目にも雪が噛み付いたまま。
それでもなお、官能の炎を宿すChoyeの肉体は寒風に耐え抜きます。

ただ、ピアスはそうでも無いのですね。
休息に冷えていく銀輪は、
ダイレクトに性器にだけダメージを与えていくのです。
霜焼け寸前の性器とのバランスをとってあげるのは、
優しい飼い主の責務。
と言う訳で四つん這いで雪中行軍。

性器が開ききって、更にピアスが冷える、という説もあります(笑)。

終盤は内燃機関を燃やすべくのジャンプ連写です。
柔らかい雪面にしては、なかなかの跳躍でした。

----------------------------------

当Labとしては、というよりもZoikhemの楽しみとして、矢張り露出のエロスは楽しいです。
皆様にも、少しでも其れが伝われば大変に光栄ではあります。

楽しみを伝える、ってエロスに限らず素敵な事ですしね。
会員棟のご案内


今日の画像はAudreyへの刺青施術風景から先行です。
なかなかに賑やかな現場だったのです。

設置場所はSMカテゴリーです。

仕舞
Zoikhem

permalink | comments (2) | - | posted by Zoikhem

人工・人工肛門

会員棟を更新致しました。

先ず最初に。
オシリズムとして大自信作です。
傑作です(笑)。

---------------------------------

に最初から付いている二つの穴。
今では刺青に彩られています。
そしてZoikhemの手で増やされた無数の穴。
常時吊るされている銀輪によって主張も激しい。

これらの『人工&天然穴』のエロスな可能性を探ったシリーズです。
特殊な実験道具も多数登場しますので、乞うご期待。

前回登場した中空アナルプラグ。
『本人には制御不能』な肛門筋肉を与える、
或る意味での人工肛門とも言える逸品です。

このプラグを基幹アイテムに据えた今回の更新。
当たり前の帰結ですが、圧倒的にオシリズムに。

刺青肛門をややもすると隠しながら、
性器ピアスを傲慢に背景に従えながら、
それでも矢張り、Zoikhemの大好きなオシリズムとあいなりました。

と言うか、正直に
『オシリズムの金字塔』
だとZoikhemなどは断言したい訳です。
まぁ、どこまで行っても辺境のオシリズムですけどもね(汗)。

---------------------------------

異端の淫具が小道具とは言え、今回の更新内容自体は当Lab的には必修科目となります。
オシリズムの支持者には是非ともご覧頂きたいところですねぇ。
会員棟のご案内

先日の更新とは違う理由で、届くところにだけ届けばよい、そんな更新です。


今日の画像は今回の別テイクから別編集です。

設置場所はSMカテゴリーです。

仕舞
Zoikhem

permalink | comments (0) | - | posted by Zoikhem
| top |